帯状疱疹について

  • HOME
  • 帯状疱疹について

帯状疱疹について

帯状疱疹の予防接種を開始しました。
接種対症年齢は50歳以上です。体調やご病気により接種できない場合もございます。詳しくは医師にご相談下さい。

帯状疱疹の症状

水ぶくれを伴う赤い発疹が、体の左右どちらかに、帯状に出現し「ピリピリ」「ズキズキ」と強い痛みを伴うことが多い病気です。また、発疹が治まっても長い間痛みが続くことがあります。(帯状疱疹後神経痛)

帯状疱疹の原因

水痘(水ぼうそう)・帯状疱疹ウイルスです。
初めて感染した時は水ぼうそうとして発症します。
治ったあともウイルスは体内に潜んでおり、加齢やストレスなどで免疫力が低下すると暴れだします。ウイルスは神経に沿って移動し帯状疱疹を発症します。

帯状疱疹の予防方法

日頃から体調管理(規則正しい食事や睡眠、休息や適度な運動)に心がけ、免疫力を低下させないことが大切です。
また、50歳以上の方には帯状疱疹の予防接種も有効です。

予防接種の効果

接種から5年間の発症予防作用の持続が確認されています。
8から10年の予防作用があるとの意見もあります。
*予防接種は帯状疱疹を防ぐものではありません。